キャバクラに関する情報が満載!

日本一のキャバ嬢を目指せ!一流のキャバクラ接客術とは

キャバクラは、接客業の中でもかなりハイレベルなものを要求される職業といっても過言ではないでしょう。
ただお酒を作ってお客さんのタバコに火をつけて・・・だけでは一流のキャバ嬢にはなれません。
もちろんまずは見た目から磨いていかなければならないのは当然です。
豪華なドレスアップ、魅惑のメイクアップ、様々な手法でお客さんを惹きつけることは大切です。
そしてさらに必要となってくるのが「トーク力」です。
普段から様々な情報に触れる事でお客さんのどんな話題にも対応できるような「情報という知識に裏付けられた頭の回転の速さ」を見せなければなりません。
会話が弾むことでお客さんに「時間を忘れて楽しめる空間」を作り出してあげるのがキャバ嬢の重要な仕事になります。
そして最後に必要なのはセクハラ目的で来てるようなお客さんの上手なあしらい方です。
必要以上のあしらいはお客さんの気分を害する事にもなりかねませんし、結果店の評判を落としてしまう事にもつながります。
難しい課題ですが、一流への登竜門といってもいいでしょう。
以上見てきたように、道は険しいものですが、様々な接客術を習得した時、日本一のキャバ嬢への道が開けることでしょう。

キャバクラの接客で意識すべきこととは

キャバクラはナイトワークではあり、特殊なイメージを持たれがちではありますが広い視野で見れば接客業です。
マナーやモラル、接し方に関しては販売などとそう大差があるわけではありません。
ですが、他の接客業よりも注意をしなければならない点や、意識すべき点はあります。
まず、お客さんとの距離が非常に近いことです。
そのために服装やメイクは通常よりも相手に見られることをよくよく意識をしていかなければならなく、手を抜くわけにはいきません。
また、主な接客内容は会話になるのですが、その時に自分の話ばかりをしているようではお客さんを満足させることはできません。
基本姿勢として聞くことに注力する必要があるといえるでしょう。
相手の話を聞いて相槌を打ち、適切な返答をしていきます。
相手をしたお客さんがリピーターになるかどうかはお店の設備や取り扱っている商品ではなく、接し方そのものに求められるので、より洗練されたスキルを身に着ける必要があります。

Last update:2017/1/24